子どもの自立は嬉しいけど寂しくもある

息子の通う幼稚園が春休みになったので、園服をクリーニングに出そうといつも行っているクリーニング店に行くことにしました。そのクリーニング店はスーパーと100円ショップや家電屋さん、ファーストフード店等と併設しているところで、クリーニングのついでにスーパーでちょっと買い物をする予定です。

たまたまこの日は息子を幼稚園に預かってもらっていたので、乳幼児の娘を連れてクリーニング店に行きました。クリーニング店はお母さんのような方が店員さんで、クリーニングをお願いし、いろいろ手続きをしているときに店員さんにと軽く世間話をしました。

店員さんにはお子さんが2人いて、1人は成人しましたが、もう1人は中学生で最近は触らせてもらえないと嘆いていました。ちょっと前まではお子さんはお母さんにベッタリでうんざりしたこともあったけど、今はそれがなくなってしまったとのことです。

子供が自立できていることを考えると嬉しいことですが、お母さんの感情面からすると寂しいと言っていました。私の息子はまだ幼稚園児なので親にベッタリで、触らせてもらえなくなるのが想像できないのですが、いつかくる親離れに備えておこうと思いました。

私自身もともと涙腺は緩い方で、出産したらもっと緩くなってしまい、ちょっとしたことで泣いてしまうようになったのですが、子供たちが少しずつ親から離れていったり、自立して家から出ていくときは号泣してしまうんだろうな、と思いました。クリーニング店でとても参考になる話を聞かせてもらい、スーパーに買い物に行きました。

保存

保存